招待大会 | MFC.VOICE - Page 2


2022年7月28日
2次予選リーグ
1次予選結果

対ジェフ千葉 0-4

全国区のチームを相手に押し込む場面もあり、全く通用しなかったのでもなく、勿体ない場面もあったので負けてしまったが、自信に繋がるものとなった。

対ヴェントノーバ 8-1

押していたのに先制点を奪われて、そこから火が着いたのか?

大会初得点は、ライがサイド展開からゴール。同じような展開からまたもやライが追加点。

最終的には、末永2得点。落合1得点。村田1得点。ライ4得点。

何とか全国大会1勝をすることができました。

明日からは2位トーナメントになりますが、そこでは優勝目指して頑張ります。

wings熊本、スマイスセレソンの2チームと対戦します。

試合終了後は、東日本大震災の講話をしてもらえるみたいなので勉強もしてきます。

夕食もとても美味しくて、ご飯のおかわりしている選手沢山いました。

中島、村田は3回行ってましたね。大きくなるわけだわ。笑

本日もサポーターの応援を力に頑張ります。m(__)m



2022年7月19日

7月18日(月)生津運動公園G

対エスティーロ高山 2-0

対池田 4-1

準決勝

対メジェール 3-2

決勝:準優勝

対西濃シティ 1-1 PK負け

岐阜の強豪チームに胸を借りての大会でした。

チームとして、底上げが出来たことはよかった。

主催のメジェールのスタッフ、選手、保護者の方々ありがとうございます。



2022年7月18日

7月18日(月)

2位トーナメント

準決勝

対ジュエルス 勝ち

決勝:優勝!!

対一宮FC 勝ち

2日目は2位トーナメントですが、優勝することができました。

若いコーチにお願いして私はテントの下で観戦してました。

決定的場面で決められる力を持った選手になって欲しいね。

全国大会に向けてまた頑張ろう。



2022年7月18日

7月17日(日)

三重県伊賀市ゆめが丘多目的広場

うりぼう上野主催大会に参加してきました。

予選

対まないSSS 勝ち

対A.Z.R 負け

このグループは、まずまず死のグループ?笑だ。

プレミアリーグ全国大会を前に多くの選手がプレーして少しでもレベルを目線を上げていくことを目的としている。

勝てそうで勝てないのは最終的には、「決めたか?決められなかった?」となる。

A.Z.Rの試合は0-2から後半2-2として面白かったな。けど、同点としてからもっと前に行きたいのに、自分達でミスしていったら流れは変わる。

リスク持ってやっているのにそこの責任感の無さがまだ成長できると思っている。

この2チームとの対戦で刺激を受けたのは間違いない。

明日は、2位トーナメントだけどそこでも多くの刺激を受けて次に繋げていきたい。



2022年7月11日

7月10日(日)ヤタガラスフィールド

予選

対ディアブロッサ高田 4-1

対正覚寺FC 2-0

チームの名前からしたらVOICEは予選3位になってもおかしくない。

が、多分トップチームではなかったと思うので予選1位通過となりました。

前日からの雨でピッチは湿っていたところに、急な日差しが照らすので、湿度が異常に高くなり、心配していた熱中症の症状になる選手がチラホラ。

想定範囲内とはいえ、厳しいやりくりで準決勝以上を迎えた。

準決勝

対石切東FC 0-2

3位決定戦

対巨椋ボンバーズ 2-4

誰かが欠けて出場してるがチームとしてはそれがベストメンバー。

出るからには、チームのためにやるべきことはある。

強度が高くなる相手に対して、適当なプレーも判断や駆け引きのないプレーでは打開できない。

この2試合とも、相手のことよりもやらないといけないことがやれなかったことが結果として表れてしまった。

確かに、暑くて苦しい。それは理解できる。

でも、やらないといけない。状況が悪くなってから逃げるプレーでは仲間も困ってしまう。

上手い?下手?それは今は変えられない。けど、頑張ることは今はやれる。

それさえもやらずに、人任せなことを一人でもやってしまうとチームとしては機能せず終わる。

失敗から学ぶことは多いので、この日は沢山の経験をさせてもらいました。

この学年は、JA全農杯東海大会(来年の3月)に出場するため2ndの選手の強化も必須条件となり、全国いくためには、全国で勝つためにはレギュラー以外の選手の出来で決まります。

まだ、半年以上あるのか?もう半年しかないのか?少しずつやれることを多くしていきたいですね。

暑さに慣れるしかないけど、暑さ対策も各個人でも努力していこう!!