情報


2021年6月13日

VOICEでは、公式戦以外にも主催大会や招待大会、トレーニングマッチなど年間多くの試合をしています。

トレーニングしたことをどれだけVOICEらしく表現できるのか?

局面において常に相手が嫌がることを選択して逆を付くことができるのか?

場所によって、状況によったプレーを変えられるのか?

など、サッカーは常に状況が変わるなかで「ベストな選択」を「判断して決断」しなくてはいけない。何となくでもいけないし適当なことをされると周りの選手も困る。

これは、試合に出ないとなかなか身に付かないことが多い。ただ、試合に出ただけではなく、仲間とどうやってゴールを奪うのか?ゴールを守るのか?ボールを奪うのか?を考えなくてはいけない。

短い出場時間の選手もいれば、長く試合に出場する選手もいる。公式戦になれば尚更となります。

公式戦以外は、強化マッチを除いてある程度の出場時間は確保してあげるように努力しています。

VOICEでは、人数が多い学年もBチームとして公式戦に出場することはありません。

Bチームで公式戦に出たくてうちに来ている選手いないからです。

主催大会や招待大会などは試合時間確保のために行っていますが、公式戦にはそれは必要ないと私は思ってます。

その分、違う招待大会や対戦相手によって構成を行ってあげた方が選手のためであると考えます。

Bチームでもいいから公式戦に出たい。っていう意見もあるかもしれませんが、うちはやりません。m(__)m

公式戦にレギュラーで出られなくて悔しい思いをする選手や、登録の関係でメンバーに入れない選手も出てきます。

そういった競争社会も大切なことです。可愛そうだから?っていうのは、過保護でしかない。

だったら、日頃から努力しているのか?保護者がプレッシャーをかけて、「試合にレギュラーじゃなければ辞めろ」とか変なプレッシャーをかけて、サッカーを楽しませてない原因にサポーターがなっていることに気づいてない大人多くないですか?

昔からどこのチームにもある話しですけど、VOICEでもレギュラーから押し出された選手が辞めていくことあります。

家庭のことなので、価値観の違いもあるので仕方ないことですが、違うチームで頑張ってくれればいけど、やる気をなくしたりサッカー辞めていくことは寂しいです。

保護者は、チームのサポーターとして見てくれることが最高ですけど、子供の出資者でもあるので言いたいことも一杯あるでしょう。

コミュニケーションの一つの場面として、サッカーがあればいいのだけど、泣きながら練習させられてやっている子供など他の大会などで見かけます。

楽しく=ワイワイ

ではないけど、そのチームなどでコンセプトも違うので何とも言えませんが、チーム選びも含めて考えてもらいたい。

試合に出るためには、日頃からの努力や理解も必要である。当たり前です。

オフ.ザ.ピッチでも行動も私たち指導者は見ているし評価の対象にもしています。

準備やゴール運び、着替え、移動などの行動、チームのためにまたは、今何をするのか?を常に考えて行動できるのか?など人としての成長がサッカーの成長にも役に立つ。

とある高校の横断幕に「最後は人間性」という文字があり、最初見たときは笑えてきましたが、でも言っていることは間違ってない。

素晴らしい言葉です。

そのままダイレクトに表現した言葉であると思います。

試合に出ることは大切なこと。そのための準備や努力はもっと大切なことである。

うちの子は凄く努力しているのに評価してくれない!!と、言われたことが過去にあります。その答えを「他の選手はもっと努力してる。」という回答しました。

選手のために保護者がしてあげられることは、子供のことを見守ってあげること。が最大のサポートだと思います。

トレーニングさせることではなくて、付き合ってあげること。ではないかな?

やらせることではなくて、やる気にさせることてはないかな?って、思ってます。

指導者と保護者の違いはありますけど、人としての成長させることも役割なので、サッカーを通じて出会った人との「縁」を含めて大切にしていきましょう。

こんなチームですけど、賛同される方は是非仲間になりませんか?

問い合わせ:090-2573-8637 磯部まで

mfcvoice@yahoo.co.jp



2021年6月13日
さぁ、予選が始まる!!

6月13日(日)露橋スポーツセンター

何年ぶり?のフットサル本格的な大会に参加となります。

トレーニングは、勝田コーチに全てを任せて大会に臨みます。

対ロボガドJr 12-0

対デラサル 1-1

対デソーニョ 61-0

予選一位通過にて決勝トーナメント進出しました。

ロボガド戦は、自分達で慌ててしまって流れを切ってしまうことがあったけど、少しずつ変化もあり良くなってきた。

まだ、実戦は2回目なので!!笑

デラサル戦は、サッカーでもよく戦うチームなので、お互いに選手の特徴も知っていてやりにくい。

なかなかスコアが動かなかったけど、アレレ?で失点して先制をされてしまった。

なのに、時間がなくなっていくのに後ろでボールを保持したり回したりしてゴールに向かわない?

負けているチームということを忘れてしまう。笑

さすがにいかないと行けないと思ったのか?残り1分を切ってから前にプレスしてこぼれたところを山口が突き刺して同点としました。

残り20秒でしたのでヒヤッとしましたが、最終戦で得失点差の戦いになります。

あまり、こういうシチュエーションはしたくないのだが、それを自分達で招いたので仕方ないことです。

デソーニョ戦は、得失点しか興味がない試合となりました。

デソーニョとの試合に27得点以上が必要ということで、得点するために初めて何かに取りつかれたように貪欲にシュートして次々と得点していき、前半で34-0と勝負を決めた。後半も緩めることなく27-0とした。

最後まで必死に相手に失礼ないように全力でやらせてもらいました。m(__)m

終わってみれば、勝ち点7、得点74、失点1の成績で決勝トーナメント進出しました。

苦しい試合もあって、これからも簡単な試合はないと思います。

せっかくだから、ブリンカールがどんな強さなのか?これに勝ったら全国上位も夢でないので、無知なので全国のレベルを知りたいと思います。そこまで行きたいね。

だけど、そんなにフットサルは甘くないからトレーニングして頑張りましょう。

取り敢えず、一次予選突破してホッとしたのもありますが、疲れました。笑



2021年6月13日

6月12日(土)半田多目的G

U12:FCフェルボール愛知、ジョイアFC、武豊FC

U11:ジョイアFC、FCアロンザ

U10:FCアロンザ、ジョイアFC

急に日差しがキツくなり日焼けして痛い。笑

これからのマスクの日焼けも格好悪いな。今年まで仕方ないかな?

さて、試合は?U12は見られずm(__)m

U11は、アロンザの試合は先制されてボールを保持てきるようになってやっと反撃開始。すると、最後の最後にゴール前を崩して同点としてその後に試合終了。セーフ。

ジョイアのゲームは、主導権をとってやれてましたので、あとは精度の問題のみ。

ボールを持っていない時間にあとは何をするのか?

たとえば、ライン一杯まで早く開くまたは離れる動作や、出した後の関わり方など立ち位置などこれからもやらなくては行けないことがまだまだ多い。

これは、「上手い、下手」の問題ではなく、観て感じることや意図的に動く「頭の問題」の方である。さすがに意識があるのか?ないのか?なので、改善はすぐにやれるはず。

U10は、U9の希望者としたので20人くらいいたかな?これからは少し考えて人選します。m(__)m

試合はU11と同時が多かったので、なかなか見ることもできなかったけど、中盤の選手の出来で左右されてしまう。誰がやるのか?など、まだまだ決まってないので、VOICEの心臓となる選手が誰なのか?今後楽しみになります。

レベルアップスクールの選手や体験に来ていただいた選手も参加いただきありがとうございます。

トレーニングマッチなどVOICEのチームの中で参加できるスクールとしてレベルアップスクールも開設してます。現在、VOICEの希望者を含めると60人が参加してくれています。

こちらのスクールも希望があれば随時体験可能です。問い合わせください。

暑いなかでしたが、お疲れさまでした。本格的な夏前に事前体験のような厳しい暑さでした。



2021年6月11日

キッズスクール、名古屋スクール、育成、レベルアップスクールなど少しずつまた動き始めてきたように感じます。

スクールについては、強豪チームなどの選手も来てくれたり、足元のある選手が来てくれたり初めてサッカーやる選手も来てくれてます。

レベルアップスクールも問い合わせもあったりしてありがたいことです。

育成も地元クラブチームや名古屋のチームなどの選手も来てくれてます。

何を求めているのか?

まずはそこになりますね。

サッカーを教えて欲しい!!ドリブルは出来るけど使い方を知らない。

パスの受け方も理解してない。このままだと、ドリブルしかやれない。

など、子供もそうだけど保護者が「このままではいけない」と思うのかな?

最近の試合結果が出るのは、やっている内容が良く確率の高いプレーの質や駆け引きに勝つことなど、選手のプレーの自立があるからだと思います。

VOICEは、全員が上手い選手の集合体でもなく、リフティング100回もやれない選手が多いです。笑

身体的な能力がなくても、頭を常に動かして多くの情報を状況の中で選択して決定し実行する早さや質の高いプレーできる選手は多くいます。

公園で一人でトレーニングしたり、保護者とやったりすることも大切なことです。が、サッカーは常に複数人のいるなかで動きの中で判断するスポーツなのです。

そこの経験は、これから上のカテゴリーに行くときには必要な要素となります。プレスが緩い中でやれても意味のないドリブル、パスとなります。ハイプレスになったときに切り返しや、後ろに逃げるパスしかやれない選手にならないように準備は大切なことです。

試合に出られるのか?ここは大切なことです。

VOICEでは、公式戦はチームの代表として出場してもらってます。実力主義なのです。

しかし、交流戦や、招待大会、主催大会などは愛知県内でも屈指の試合数はあるので、沢山の経験と強度のある試合は行うことができます。

がっつりやらせたい。もっとやりたい選手にはいい環境であることは間違いない。

人工芝のグランドを中心に行っていますので、自然と止める、蹴るも上達していきます。

サッカーはどこでやっても同じ!!

ではありません!!

何が違うのか?どうしたらいいのか?など興味ある方は是非体験にお越しください。

問い合わせ:090-2573-8637 磯部まで

mfcvoice@yahoo.co.jp

体験など問い合わせよろしくお願いします。



2021年6月9日

6月8日(火)フットサルアリーナ港17:00-18:00

引っ越しでチームを移籍した選手が参加してくれました。

名東区のチーム、古豪のビッククラブ所属の選手なども参加してくれました。

今回も1対1について理解させながら相手の逆を奪うことを行いました。

何となくやっている選手は、失敗したときに「何故?」がわからない。

サッカーは、常に相手がいて距離や角度、方向など違う状態である。

何を見て判断するのか?

サッカーは、単純なんだけど考えると奥深いから面白い。

今回も強度の高いトレーニングがやれました。

その後に移動して元浜サッカー場にてレベルアップスクールに参加しました。

興味ある方は問い合わせください。

090-2573-8637 磯部まで

mfcvoice@yahoo.co.jp