U-11 | MFC.VOICE


2022年12月5日

12月3日(土)淡路島佐野運動公園

U12:3位

Aチーム、Bチームの2チーム編成にて行いました。

多くの経験をさせてあげられるために2チームの編成にしたが、何かしら都合が悪くて欠席者が多くて5年も助っ人総動員。

6年もAチーム、Bチームのフル稼働。何しに来たのか?

やりきった選手は、疲れたな。笑

誰かのカバーはしないと行けない。サッカーでもそれ以外の生活や行動でも同じ。

カバーされた選手が次にチームのために何をカバーしてくれるかに期待したい。

U11:優勝!!

来週の新人戦に向けて刺激を受けた大会でした。

どの組み合わせが効果的なのか?

今、やれること。チームのためにやれること。

行動など全てを見て、私もスタメンを決めます。

この学年は、来年3月のJA全農杯東海大会で全国に行くことを最大の目標としてるので、そこまでの期間にどれだけ成長させることが出来るのか?

結果は優勝で、内容も良かったし自信にもなると思う。

最優秀賞:あっくん

優秀賞:しどう

おめでとうございます!!



2022年11月28日

1回戦

対符津 2-1

準決勝

対Ton 3-1

決勝:優勝!!

対金石町 5-2

初戦は主催チームとの対戦でしたが、しっかりと勝ち上がりました。

しかし、接触から1人欠場となり元々8人で遠征していたので7人で途中から行うことになりした。

準決勝、決勝と7人で対戦することになり、相手に対しても申し訳ないのだが、その中でもしっかりとやるべきことをして勝利することができました。

詳しくは、Instagramにてしょうまコーチのコメントも掲載してます。

お疲れさまでした。



2022年11月25日

1回戦

対愛知FC一宮

2回戦

一宮FCB 対 FCヴェルダンの勝者

準々決勝

対Aブロック勝者

準決勝

Cブロック 対 Dブロックの勝者

決勝

Eブロック~Hブロックの勝者

いい感じに散らばった。どこに入っても変わらない。笑



2022年11月24日

11月23日(祝)赤塚山G

対ラランジャ豊川 1?-0

二桁得点無失点と5年13人で頑張りました。

試合開始から相手の前からのプレスに後ろへのフィードと弱気な所を見せたけど、すぐに対応して背後を奪って、ポジションを外して展開したり次々と得点していく。

第1Pで6-0として一気に決めた。相手の残り2Pに対してモチベーションを奪ったことで優位にこのゲームを進めていくことができた。

雨のなかの試合であるため、人工芝といってもボールがスリップすることもあれば、雨でボールスピードが食われることもあり、そんな中でも止める技術は勿論、戦略的なところも相手を上回っていた。

ラランジャとは、前期も6-0で勝っているため2戦2勝となりました。

この学年は、フィジカルもあるしスピードもあるし、繋ぎもできるので何を選択するのか?など、私たちも試合を楽しめる。

この雨のなか、スリッピーになる状態でも「止める技術」については高かった。

そのため、選択肢が多くなり相手は嫌だったと思う。

いい守備がいい攻撃になることへの証明でもあり、まだある試合を勝ち点を積み上げていきたい。

優勝して、また女川に行きたいと思います。m(__)m



2022年11月13日

11月12日(土)J-GREEN堺

予選

対京都Jマルカ 0-1

移動した朝イチの入り方を何度失敗やるのかな?

相手GKが神がかっていて、スーパーセーブ連発だったのはある。

けど、それはキッカーの質が低かったことの証明でもあった。

技術は当然だけど、メンタルが・・・。

対高槻南AFC 8-0

最終戦で逆転首位になるためには得失点差が重要になってきた。西宮SSが7-0のためJマルカとの得失点差も考えると12-0は必要だった。

前半もなかなか得点できなかったけど、6-0として押し返し行けそうな雰囲気だったけど、少し配置を変えたら全く機能しなくて得点の雰囲気もなく時間が過ぎていく。

結局、後半2-0となり目標に届かず。m(__)m

対西宮SS 1-0

兵庫県の強豪チームを相手に勝たなければ上位リーグは失くなる。

西宮、Jマルカ、VOICEが2勝1敗で並び得失点差に持っていくなかで勝ちきったのは価値あり。

特に、守備の所で最後まで泥臭く「勝ちたい!!」って言うのが伝わってくる。

気持ちの入った試合をしてくれた。気持ちいいな。

順位決定戦

対ファジアーノ岡山 3-3 PK4-5

守備をしっかりさせながらカウンターを狙うはずが、ミスパスから失点してしまい山口を前に持っていく。

すると、前から精度が上がって同点!!

一旦、山口を下げるとまたも守勢になって失点。

前に再度出していくと、同点、逆転して3-2として再度DFに落としたら劣勢となって最後のロスタイム。

相手CKを与えて、競れずにヘディングを決められて同点ゴール。

PKに突入しました。流れは相手にあり先行をチョイス。

加藤、山口、浅井、新谷と決めて相手もしっかりと決めてきた。

三村が止められて終わった!って、その後にGK松下がビックセーブ。流れを戻した。

が、桐畑が外して相手が決めて4-5にて敗退。

勝っていた試合を最後のところでやりきれなかったのは残念。1プレーの所で体を張ることの重要性を認識した大会となった。

次の日も上位リーグとなるが、全日のため5年の主力は数人抜けてしまう。

急遽、4年を二人追加して楽しんでやって来てもらいたい。

大会の会場に、セレッソ大阪清武選手とヴィッセル神戸の山口選手も子供たちの応援に来ていて間近で見た選手はチラチラ見て興奮してましたね。笑