招待大会


2020年11月21日

11月21日(土)丹波運動公園補助競技場

予選:5チーム中4位

対長岡京 1-3

対福知山 4-0

対吹田千里 0-1

対J-マルカ 0-1

順位決定戦

対西京極 1-1

U12知多リーグにU11を一部参加のため残して、全農杯の2チーム編成も考えてU10の一部も帯同してもらっておこないました。

U11の中でU10の選手がスピードを合わせることが出来るのか?

勝ち負けだけなら、勝てないことはある程度はわかっていたけど、融合させることが目的の一つなのでその意味では成果はあった。

さくたろうは、得点できたし森田もセンターやサイドの守備をやってくれた。

この2名はある程度U11でやれることはわかった。

何となくでは、上の学年ではスピードはやいから、準備しないとね。

少しずつ慣らしていきながら、成長を待ちたいと思います。

5年の頑張ってもらわないといけない選手をこちらの遠征には帯同してもらっている。

とうま、かいと、れお、などは特に期待している。

試合経験だけしたら上手くなるのではない。

自分を変えるのは難しいけど、意志があれば成長出来ると思う。

共通しての欠点は、止める技術と判断のところかな?

ミスしてバタバタしてボールを失うことに繋がる。

今回は結果を求める大会ではないので、チャレンジさせたけど、ミスをする原因がわかったかな?

まだ時間があるから、少しずつ成長していきましょう。

たく、そうま、ゆうごは、もっとリーダーシップをとって攻撃と守備を引っ張ってほしいね。

カイは前線のキーマンとして、ドリブルにしても受けることや背後の動きなど、いつもより運動量増やしてくれていた。

みずきには、初戦で⚡落としたな。やれるからこそ今逃げにならないようにしないと。

私がGK出身なためにやったふりはわかってしまう。

色々な京都のチームと交流できてよかったです。今後ともよろしくお願いします。



2020年11月15日

11月14日(土)半田多目的G

U11の大会なのですが、知多リーグと福井遠征でU11が分かれて参加したのでU10で参加してもらいました。

予選はシリウスに負けて2位上がりで決勝トーナメントに進出しました。

対知多SCJr 0-2

4年だから負けたの?ではない。もっとやれたと思うよ。4年も学校行事でいなかった選手もいたけど、学年が上とか関係ないからね。

セットプレーでやられたみたいだけど、その前のファールを減らさないとね。

4年にはとてもいい経験をさせてもらいました。

対戦いただいたチーム、主催チームの方々ありがとうございました。



2020年11月7日

11月7日(土)御所市民運動公園G

予選

対西宮SS B 4-0

対ロヴェスト神戸 3-1

予選1位通過

準決勝

対センアーノ神戸 1-1 PK7-8

3位決定戦

対センアーノ神戸B 2-0

関西のチームに胸を借りて何とか3位という結果だけは残った。😢

この日は、チグハグな攻撃ややってはいけない逃げパス?クリア?で失点など、まだまだやらなくてはいけないこと。

公式戦ではないので、ある程度選手に任せながらやってはみたが、詰めが甘いね。

得点差や時間帯など考えてプレーしてないことがわかる。

あの場面で何故?見えてないのに⁉️

強引にやって引っかけてカウンター❔

何故、味方を使わない⁉️使えないから出さない。のもあるのは無意識でもわからなくはない。

けど、同じ絵を描かないと連動も予測もなかなか難しいと思う。

センアーノとのPK戦は、何とも言えない勝てる試合を落としたっていうものでした。

決めるべき時に決めないとこうなる典型的な試合をしてしまった。



2020年11月6日

全日県大会64チームの抽選がおこなわれました。

1回戦テラスポ鶴舞

13:00~

VOICE 対 弥富JSS

勝てば、15:00~

グランディール 対 グランパス三好の勝者

となりました。

OKAYA県大会

予選リーグ

TAHARA FC(東三河)

SAKURA FC(西尾張)

VOICE

の1位のみ代表決定戦。

八事FC(名古屋)

クレバーフット(西尾張)

ラランジャ豊川(東三河)

以上の1位と代表決定戦です。

西三河、東尾張地区を外したので、可能性は出てきたかな?

だからといって、他のチームも勝てる保証はないから必死になって頑張ろう。

アロンザ、フェルボール、グランパスと別枠になったのも全農杯に続いてラッキーなのか?

実力ないから、東海に行ける可能性が少しあがったのは事実。🤭

もってるのかな?笑

どちらにしても、日曜日には結果はでる。

ジュビロスタジアムに行くぞ‼️



2020年11月3日

結果:3位

予選は、一位通過して決勝トーナメントに勝ち上がりました。

やってはいけないプレーや自陣でのミスが勝敗にとても影響します。

技術的なことなのか?判断のところなのか?

どちらにしても、準備の段階である程度予測されます。

トップの選手とサブの選手の実力的な差は当然ありますが、努力していけばなんとかなる。

チビリン東海大会では、このサブの選手の成長が全国大会に行けるのか?にかかってくる。

5年も全員が出られる保証は全くない。4年の方が良ければそちらに権利が出てくる。

東海大会までにチーム内の競争をしてもらうけど、技術も必要だけど気持ちの方がもっといるかもね。

勝ち負けだけ考えるなら、常にトップの選手のみで試合したらほぼ負けない。

けど、それだけではチームとしての成長はないので、あと少しの期間で一気に成長させていきたい。