未分類 | MFC.VOICE


2024年6月22日

育成については、色々な角度でそれぞれがアプローチするので、同じ方向の方でないと共感することは少ない。

1、チームが弱いために、個々に特化して足元を強化していくやり方。

2、個々だけでなく、グループまで特化して育成していくやり方。

3、勝つための方法に特化して当てはめていくやり方。

など、それぞれが育成であり間違いはない。

結果ではなく、個々の成長があればそれでいい。というチームは、ジュニア年代では勝てないかもしれないが、ユース年代で花開くよう取り組みをしている。

1のチームは、足元に特徴のある高校に進学するパターンが多いかな?

勝てばいい。というチームでもしっかりと育成はしているチームも多くある。

が、当てはめていくやり方だと、チームが変わってやり方も変わると対応出来ない選手もいる。

パターン化していくやり方は、技術のところより頭の所でイレギュラーに対して対応が遅れたりする。

身体能力で勝負できているうちはいいのだが、学年が上がるとそのアドバンテージもなくなってくる。

高校などで、追い越されてBチームや、Cチームなどになっていくパターンはこれかもしれない。

サッカーは複雑で、上手い選手が集まったら勝てるのでもなく、何をどうしたら勝てるのか?

ここは、指導者の力量となるので、ライセンスも大切だけど熱量含めて選手と向き合いながら高めてあげられる環境は大切。

施設、指導者、仲間、サポート環境や試合環境は大切。

クレーのボコボコした所でやるから上手くなる。というのもあるけど、人工芝のピッチで止める、蹴るの方が確実なプレーが確認出来る。

指導者で3割は勝敗に影響がある。と言うことを常に言ってきたが、育成については指導者で10割変わると言っていた指導者もいた。そうかもね。

仲間についても、県トレセンクラスの選手や地区トレセンクラスの選手達と毎回トレーニングできれば必然とトレーニング強度もあがって成長も早くなる。

お手本がそこにあるわけだし、見て体験して常に刺激をもらえるのはいいこと。

保護者のサポートはとても重要で、送迎もお弁当や費用の捻出など日頃の生活に於いても育成についてはそこもとても大切なものです。

試合環境については、それぞれのチームで限られた環境しかないので何とも言えないけど、VOICEには全国各地の仲間がいてありがたい。

全国大会で仲間が出場したり、各地で招待試合などで対戦したり、そのおかげで2度JA全農杯全国大会に出場したり、プレミアリーグ全国大会も3年連続3回目と今年の夏も女川に行ってきます。

今年は活動を休止しましたが、フットサルではフットサルフェスタ全国優勝やEXILEカップ全国大会3位になったりサッカー以外でも結果も出してきた。

色々私も試行錯誤しながら育成については取り組んできました。何が正解なのか?それは終わってみないと分かりませんが、常に見てやってみて勉強であり少しでも広い世界を見ないと指導者としての成長はないです。

指導者の成長がチームも子供たちも育成し成長させることができるので、これからも沢山の経験と我々も刺激を受けられるようにしていく。

やっと?Jリーガー第一号テゲバジャーロ宮崎にて渡邊セラが、VOICE出身の選手としてJの舞台に立つことになりました。

また、JFLでプロ選手として弟の渡邊ライも頑張ってくれてるし、大学でも天皇杯愛知県代表になった中京大で頑張っている光本など四国プリンスで活躍している寒川高校のキャプテン伊藤など少しずつ旅立っていった選手が高校、大学、JFL、Jリーグなどで活躍するのを楽しみにしている。

どんな選手が上に行くのか?

身体的なものは必須で技術があること。頭があること。駆け引きができること。サッカーを楽しむこと。成長するために貪欲であり、謙虚であること。自己主張もあり、リーダーシップをとれること。

など、言い出したらきりがない。笑

ジュニアユース年代は、技術、頭脳などジュニア年代に土台がしっかりと出来た選手を欲しがります。

フィジカルはあったに越したことはない。けど、この年代はそこが一番ではない。

結果、やることやれば付いてくる。

楽しい=勝つこと。

勝ったものが強い。強いものが勝つのではない。

育成=勝つこと。ではないけど、やることやれば負けない。

勝てば楽しいし、次がある。負けたら得るものもあるけど、勝った方が得るものも大きい。

これは、そういうレベルでやらないとわからないものはありますね。

私も全国を経験して、何が足りないのか?課題もそこに立ったから見える景色もある。

まだまだジュニア、ジュニアユースは育成年代であり、プロを育てようと私はやって来ていない。

我々のやって来た道にいた子供たちが結果としてプロやJリーガーになってくれたら嬉しく思う。

育成と言う言葉は広すぎて解釈が色々あるから難しいけど、VOICEはVOICEの育成の中で成果と結果を求めながらこれからも頑張っていきたい。



2024年6月8日

選手を引率してJヴィレッジに行ってきました。

隣のスタジアムではなでしこ一部リーグがやってました。

施設もグランドもJFA直属なので素晴らしい施設でした。

スタッフの選手への声かけなど素晴らしくトレーニングも集中したもので、参考になるものなどありましたね。

他のチームのトレーニングなども見てみたいな。

中2のトレーニングも見させてもらったけど、止まっている時間は全くない。

どうやって打開していくのか?背後や幅の使い方など面白かったです。

止める、蹴るの所はジュニアの方が上手いなって感じましたが、攻守の切り替えや動き出しなどは意図を感じるものでした。

今回は、列車の旅なので気が楽でした。笑

また、来月宮城までプレミアリーグ全国大会の移動とジュニアユースの宮城遠征を計画してるので、陸路で頑張っていきます。



2024年5月28日

夏休みは、各カテゴリー全国に仲間がいるので武者修行する予定。

U14は、新潟に行って交流戦を行う。

U13は、仙台、福島にて交流戦を行う。

U12は、鹿児島の大会と女川の全国大会。

U11は、金沢ともうひとつを検討中。

U10は、関東と淡路市長杯。

U9.8は、関西でスクール合宿。

他にも、1dayの大会や日帰りの遠征など多くの仲間からの招待もあるのだが、行けないことも多々あり申し訳なく思っている。m(__)m

遠征先では、色々な社会勉強もして知識も雑学も覚えたりサッカーだけでなく多くのことに対して刺激をもらいます。

海外に行くチームも否定する人はいるけど、行けるのは凄いことである。羨ましい。

行けるのに行かない?のと、行けない?では違う。

遠征も各地域の強豪などとのゲームも組めるのにやらない?のと、組めないからやれない?では違う。

色々な意見もあるのだが、やれることやって刺激を受けてもらえるのなら、頑張って運転くらいやります。笑

夏休みまでもう?まだ?2ヶ月くらいあるけど、そろそろ準備もしなくてはいけない。

逆に、こっちに来るのでやってもらいたい!っていうチームもあるけど、基本は受けるけどVOICEも忙しいから対応できないときもある。m(__)m

これから、サマーキャンプやお盆フェスティバルなど企画していきます。

こちらのブログにも掲載していきます。

また、ジュニアユースの体験会やセレクションなども企画していかないといけない。

ジュニアユースも来年度で3学年が揃うので、期待しかない。

東海リーグを目指す!!

なんて言えないので、しっかりと育成していきながら結果として東海大会に行けるように努力していきます。

U14は、とても成長してくれた学年でもあり、クラブカップでどこまでやってくれるのか?楽しみでもある。

U13は、4部というカテゴリーですが、3部に上げること。これは間違いなくあげるだろう。

U12は、フジパン、全日が全て。

U11は、新人戦までにチーム強化、来期県リーグを目指す。

U10は、JAあいち奪還してサーラ出場を目指す。

U9は、ナカジツ県大会優勝。

夏にしっかりと強化して、全国基準を見て対戦して積み上げて行きたい。



2024年5月26日

5月26日(日)松屋地所FF

U12

対名古屋TC  3-0  得点ゆずき、しょうま

対西尾張TC  3-0  得点りつと

U11

対名古屋TC   2-2  得点かいと

対西尾張TC  2-1  得点じゅんぎ

この日もU12.U11ともに多くのVOICEの選手が参加して貢献してくれました。

また、県TC:U12の2名が居ない中で2つ勝てたのは素晴らしい。

U11も5名の選手が参加してくれたのでいつもと違うなかで頑張ってくれたと思います。

U12は、レギュラークラスの選手が何故か?選ばれてなかったのもあり、他にもまだまだいい選手が要るので評価されるように頑張ってもらいたい。

U11もかいと、ジュンギが得点して地区代表として実力を発揮して貢献してくれました。

5年も新規の選手で能力ある選手もいますので、トレセンにもそのうち入っていけると思います。

知多トレセンは、VOICEが中心になることがこれまでも多くありますが、VOICE以外の選手もいい選手いるのでそこにも注目してもらえたら地区も盛り上がることでしょう。

4年も3年も2年も精鋭が沢山居ますので今後も先輩に続け!と地区止まりではなく県トレセン目指して頑張ってもらいたい。



2024年5月24日

先日のOKAYAカップでのこと、グランド脇の補助審判の後ろに上空から撮影するカメラが設置されていた。

VOICEも今後ジュニアユースも使う関係で取り入れようか?と考えているところです。

上からの映像は見易いのが利点なので、動きなども共有することは可能です。

県大会でも毎度提出するプライバシーポリシーの用紙も地区では提出したことはない。

家庭用カメラで撮影したものを家で鑑賞するのみなら撮影もいいのかもしれない。

地区では、それは認められている。

撮影についても公式戦であるためにネット外(観客席)ではなくてはいけない。

大会本部の許可も相手チームの許可も取らなくてはいけない。

ということを先日の抽選会の時に役員より通達がありました。

また、SNSなどに掲載しない!!

ということであったけど、Instagramに画像がアップされていたような?笑

そうした違反をしたチームの罰則などもまだ明確でもなく、そのチームのモラル?になっている現状。

今の時代だからこその問題があります。

他の地区で肖像権の問題もあり、裁判に繋がる案件もあったようだ。

どちらにしても、公式戦でそういった機械を持ち込むのはベンチ後ろなどもNGということ。

あとは、安全面で保証があることも言われてました。倒れて危害が加えられないことも条件となっていたので、そう言った機械を撮影するときは誰かスタッフが支えるなど対策も必要だということです。

自分達が良ければそれでいい。撮影が出来れば後で振り返りが出来ることはいいこと。

しかし、今の時代モラルも問われる。

審判もあれはファール?オフサイド?など我々もその時のジャッジしかないけど見られていると思うとプレッシャーもあるかもね。笑

どちらにしても、この時代は色々な規制があるので大変です。

県大会で、撮影できなかった試合も過去にはありましたから、これからはそう言ったことにも気を使わないといけないです。

ルールを作ることはいいこと。

約束を破った場合の罰則もある程度は必要になってくる。

そこまで協会も規制するのは大変です。

YouTubeに試合の映像を不特定多数が見られるところにアップする人いますからね。

何やるにしても、モラルは問われるこの時代は難しい。m(__)m