OKAYAカップ知多予選振り返り

2021年5月2日

U10最初の公式戦OKAYAカップが開幕しあっという間に予選が終了しました。

最終結果:優勝‼️2連覇達成しました。

この学年は人数が少なくて、入っては辞めていく感じでなかなか増えていかない。

けど、頑張れる選手ばかりなので何とか結果も着いてきたのだと思う。

VOICEのいるブロックは結構いいチームが固まっていて簡単には代表にはなれないことも覚悟してました。

ナカジツと同じ対戦カードもあって準決勝の知多SCJrとは4-1?そんな記憶。

決勝の大府若草とは2-0だった記憶があります。しかし、ナカジツ地区予選終わってみたら大府若草との試合が一番苦しんだというのも記憶している。

今回は、代表決定戦での対戦で厳しい状況に追い込まれたけど何とか追い付き跳ね返すことに成功。

違うブロックなら確実に代表だったと思う。それくらいVOICEも追い込まれていたからね。

この日はベスト8チームが全て集まっての集中開催。審判もさせてもらって見られている感満載の試合ばかりでした。笑

1プレーへの拘りは、この学年はまだ甘い!!引っ張る選手がいない。

それが今回のようなグズグズしたゲームとなる。何回チャンスがあったのか?仕留めきれない中で守備陣はよく耐えてくれた。

この大会のMVPは、3年のショウタです。

小さい体で守備での運動量、中盤での組み立てなど決勝の後半はリョウトと二人で駆け引きしながら相手の嫌がるプレーの選択をしていて得点出来なかったけど相手にダメージを与え続けていた。

その結果、延長にもつれ込んでから10分で4得点という大爆発を起こせたのだと思う。

早くやれ!!そう思うけど、相手が前に出れないほど正確なプレーの供給はやれていた。

第1代表決定戦のPK戦も、GKシュンは止めてくれると思っていたので、キッカーさえ外さなければ!?

ようじ、かいえい、りょうと3人が決めての優勝でした。

実は、この3人の指名は怖かったけどな。笑

結構な確率でやらかす奴らばかりてしたが、自信もって蹴ってくれた。

2021年の公式ユニフォームもかっこ良かったな。赤、黒がやっぱりVOICEカラーだ。

昨年のOKAYAカップ愛知県大会優勝チームなので、こちらも少しでも頂上に行けるように、目標はチャンピオン目指して頑張ろう。

スクールに来てくれている選手もチラホラいて、違うチームだけど所属チームでの活躍を見させてもらいました。

それはそれで楽しめましたね。

最高の環境で大会を行えたこと感謝しかありません。やっぱり、代表決定戦はいいグランドでやらないとね。ありがとうございます。