全農杯東海大会終了

2021年3月29日

3月28日(日)グリーンフィールド中池G

1回戦

対那加一SSS 3-1

準決勝

対清水エスパルス三島 1-1 PK 3-1

決勝

対FCアロンザ 0-2

結果は準優勝となり、東海地区代表として全国大会進出決定しました。

1回戦は、1Pと2Pを均等分けして無難な戦略で見事勝利して準決勝に進出。

タクのヘディングシュートカッコ良かったな。

準決勝は、J下部でもあり静岡県1位代表との1戦です。勝てば全国大会ですからね。

気合いも入ってさぁ!対戦。

このゲームは、1P、3P勝負をしたかったけど、2Pでのところも心配で中途半端な布陣となりました。少し反省。

その中でも、選手は「勝ちたい!」っていう気迫は感じたし、ベンチの選手も声を掛けて共に戦ってくれました。

あの失点の場面は、納得できなかったけどオフサイドポジションにいたエスパルスの選手にうちの選手に当たってそれがチャレンジだったということでオフサイドにならず?これで全国大会に行けなかったら後悔しかない。

3P開始早々、CKから内藤が合わせて同点!泣けた。まだ試合は終わってないけど感極まってしまった。歳かな?

その後、失点の場面の逆のことが起こった。相手がチャレンジして触って後方に流れたボールを抜け出してゴール!!逆転!って思ったら、今度はオフサイド??

審判の主観だから仕方ないけど、何故?って判定がブレてしまっていて、折角の大きな大会なのに一生懸命やっている選手に申し訳なく感じた。

最後はPKとなり、ここまできたらうちのGKはPKに強いからキッカーが外さなければ負けない。

PKは、「運」ではなく「実力」と毎回言っているが、このPKはキッカーの落ち着きとGKの迫力がエスパルスにプレッシャーを与えて勝ったのだと思う。

VOICE創部15周年。私も指導者として30年の節目の歳に大きなプレゼントを選手からもらいました。ありがとう。

決勝は、愛知県決勝となりました。

決めるべき時に決めたチームが勝った。それだけ。

うちも決して勝てなかったのか?というとそうでもなくて、最初のビックチャンスで決めきれず、失点も事故みたいなものであり勿体なかった。

同点に追い付くために3Pは前に前に行って、ここも相手GKのスーパーセーブにあって得点出来ない。

決勝は、相手GKに拍手だな。凄かったです。完敗。

後は、最後に深江jrにドリブルで止めを刺されて終了。

OKAYAカップ東海大会は、うちとアロンザが共に愛知県代表で東海大会を戦って共に初戦負けました。

だから、この全農杯東海では何とか愛知県の代表として1位、2位で終わって共に全国大会行けるのはホッとしました。

知多地区サッカーの歴史が動いた瞬間でもあり、歴史に名を刻んだ選手には感謝しかない。

祝勝会でのみんなの笑顔。保護者の喜びなど関わる人として最高の瞬間でした。

最後の胴上げ!人生初の感覚でした。

企画していただいた保護者の方々ありがとうございます。

次は横浜になります。よろしくお願いします。