高校サッカー選手権番外編

2020年1月2日

帝京可児を応援に行ったのですが、早く会場いりして、矢板中央対大分高校の試合観戦。

昨年は大分高校対東邦高校の試合を観たので、大分高校のサッカーがVOICEやクレスクのサッカーに共通するものを魅力としてもっていたので、また観戦しました。

やっぱり、大分高校のサッカーは面白いです。

矢板中央も強いので、0-2まで追い込まれました。が、サイドから中央を崩しに行って1-2としたら、一気に同点として2-2のままPK戦に突入。

矢板中央の9番は、ラボーナやグランパスに所属していた選手。左合君です。

最後まで試合に出場してました。

結果は、矢板中央高校がPKを勝ち上がり、大手前高校と対戦となります。

この大分高校と矢板中央高校の試合はレベル高くて観客のリアクションも観ていておもしろい。

番外編で、帝京可児の試合前に私の前を通りすぎる大きな体の外国人がいて、誰か?

今年からFC岐阜の監督に就任したゼムノヴィッチさんでした。

私も知多地区指導者講習会で2度ほど会ってまして、ご挨拶に伺わせてもらいました。

右側の方がゼムノヴィッチさんです。

今年からJ3になってしまったFC岐阜の再建をよろしくお願いします。