上手くなるためにどうする?

2021年2月24日

サッカーを上手くなりたい‼️っていうのは、誰もが思う。

じゃあ、何したらいいのか?

リフティング1000回やったらうまくなるのか?

足元コネコネやれたらうまくなるのか?

サッカーは、多くのことを短い時間のなかで整理して実行していく。状況は常に変化しているので、何を選択するのか?で全く変わってしまう。

例えば、自陣のゴールを向いて受けたとする。背後に相手が居なければターンして前進することができた。

しかし、見てなくて後ろに返してしまうとゴールから遠くなる。時間もかかる。

など、今の状況を常に把握しないとベストの判断ができなくなる。

技術とは、何か?

ボールを取り扱うこと。ボールフィーリングも必要。

技術を局面の状況にあわせて判断をしていけるのか?

失敗したあとは、どうやってリカバリーして立て直すことができるのか?

など、常に次のことを考えながら相手との駆け引きをしていく。

自分がやりたいことをするのが良いことではない。

チームのために今何をするのか?

競技である以上、仲間との共同作業も必要です。そこに、タイミングや質も大切になる。

素人が間違ってしまうのは、全部をセパレートして考えてしまうこと。

足元さえ鍛えればいい?蹴ることだけやればいい?守備はやらなくてもいい?

局面のほんの一瞬のために時間を使って磨いてもどうなんだろう?ってなる。

ドリブルもパスもシュートも守備もどれもサッカー選手にとっては必要です。

立ち位置も関わり方などによっても状況は変わる。

私は、表と裏のトレーニングとして対人はやっていくけど、あれもこれもではない。

いい守備が攻撃を生む。

いい攻撃が厳しい守備を生むのです。

なので、サッカーは相手がいて厳しい状況の方がより上達する近道になるのだと思います。

ボール扱い出来ないのにプレスをかけられたら何も出来ない。形を覚えてからプレスをかけられたらやれるのか?タイミングや観ることを今度はやらなくてはいけない。

そうなって、どんどん遅れていくことになる。やりながら何を補うのか?磨くのか?を本人が自覚することも必要です。

上手くなる近道は、仲間が厳しさを持っていること。仲間の成長を観てついていくことが近道だと思う。当然、自主トレなど陰の努力は要りますけどね。

上手くなりたい方は一度体験にお越しください。何かヒントはあると思います。